夫婦でマレーシアへ移住してみたブログ

タクシーの広告がきっかけで、新婚1年目で日本人が移住したい国NO.1のマレーシアへ引っ越し。現地に住んでるからこそわかる、衣食住の情報をお伝えします。

マレーシアのパンがおいしい

マレーシアに来て驚いたこと。

パン屋さんが多い! 

 

 

f:id:minoru02152002:20170728185858j:plain

 

 

しかも、安くてクオリティが高いんです!!

 

 

 コンドの下のモールには

YAMAZAKI(山崎)があります。

本家の山崎製パンと関連があるのかは、不明。(笑)

 

 

f:id:minoru02152002:20170731173713j:plain

 

 

 種類も豊富で味もおいしい!

値段は、日本より安いので結構買っちゃいます(笑)

 

 

マレーシアに来てこんな楽しみを見つけられるとは

思いませんでした(^^)

 

 

サンドイッチも豊富

値段は、大体85円〜170円ぐらい。

ボリュームがあるので、安く感じます。

 

 

f:id:minoru02152002:20170731174013j:plain

 

 

ケーキもありますよ!

ケーキは、1ピースで180円ぐらい

ホールだと1,500円〜ですね!

 

 

f:id:minoru02152002:20170731174055j:plain

 

 

外国人の多い、コンドミニアムの下の

モールでこの価格なので結構

安いと思いますよ〜〜(^^)

 

 

f:id:minoru02152002:20170731174855j:plain

 

 

 さて、なぜ??

マレーシアにパン屋が多いのか?

 

そこには、第4代マハティール首相が掲げていた

ある政策と関連があるようです。

その政策とは・・・

 

【ルック・イースト政策】

 

 

日本や韓国の近代化を見本とし、国民の教育を行うことで

マレーシアの経済発展を促進していくというもの。

 

 

その1つとなったのがパン屋の普及。

マハティール首相は、親日家で数多く日本を来日。

 

 

そこで出会ったパンに感動し、マレーシアでも

広めたいという思いに至りました。

結果、日本人と共同でパン屋を

経営したのが始まりです。

 

 

f:id:minoru02152002:20170731180509j:plain

(第4代 マハティール首相)

 

 

ここに来るまで、そんな政策が

あったなんて知りませんでした。

 

 

マレーシアに親日家が多いというのも、

ちゃんとした理由があったんですね!!

 

 

何だか、日本を誇らしく思いました(^。^)

またおいしいパン屋さんを見つけたらご紹介します♪